格安旅行のピットトラベル - オーストラリア国内旅行 ケアンズ、ハミルトンアイランド、エアーズロック、ゴールドコースト、メルボルン、パース、タスマニア。格安ホテルと現地ツアー、パッケージ旅行など。
シドニー
オーストラリア随一の大都市シドニーはロックスのような街並みとオペラハウスやハーバーブリッジなどの近代的建造物が共存する都市です。 都心の賑わいだけでなく、緑豊かな公園、青く何処までも広がる海と、落ち着いた休日を過ごせる場所も多く、少し遠出をすれば、世界遺産のブルーマウンテンズやワインの産地ハンターバレーなど観光にぴったりのスポットもたくさんあります。 また週末には各地でフリーマーケットなどが開かれています。
シドニー基本情報
シドニー
人口: 約434万人
シドニーとの時差: 0分
シドニーからの飛行時間: 0分
気候: 年中を通して快適です。四季はありますが、節の変わり目というのがあまりなく、年間を通して日中の気温差が激しく、夏でも寒い時はコートを着ている人がいたり、逆に冬でも泳いでいる人を見かけることがあります。とくに冬は昼間暑くて泳げるくらいでも、朝夜、とくに夜は一段と冷え込みます。
観光名所: 御馴染みオーストラリアを代表するランドマーク、オペラハウス、ハーバーブリッジを始め、南半球で一番高い建造物のシドニータワー。その他シドニー市内にはミセスマッコーリーズポイント、ダーリンハーバー、シドニー水族館、ザ・ロックス、サーキュラーキーなどがありいずれも見逃せないポイントです。
またシドニー郊外では世界自然遺産にも指定されるブルーマウンテンズや、世界的にも有名なワインの産地ハンターバレー、大砂丘やイルカウォッチングで人気のポートスティーブンスなどがあります。
シドニーのホテル
Coming soon....
シドニーのツアー
シドニー発のツアーはシドニーのデイツアー・入場券各種のページをご参照ください。
エアーズロック
荒谷の大地に君臨するアボリジニの聖地。オーストラリアの中央に位置する巨大な一枚岩、エアーズロック(ウルル)は世界遺産に指定されています。オーストラリアのシンボルとして知られるこの岩と、その西約30キロにある大小36もの岩山が集まったオルガ岩郡(カタジュタ)などがあります。エアーズロックの岩肌は太陽光によって1日のうちに七色に変化すると言われています。せっかくオーストラリアを訪れるのであれば、エアーズロック一度見たい場所です!
エアーズロック基本情報
エアーズロック
人口:
シドニーとの時差: -30分(夏時間採用時:-1時間30分)
シドニーからの飛行時間: 3時間40分
気候: オーストラリア、ノーザンテリトリーに位置します。エアーズロックは砂漠気候なので、ベスト旅行シーズンは5月〜11月。真夏の日中は40℃を超えることもしばしばあり、しかも乾燥しているため真夏の旅はとても過酷です。 5月〜8月は日中22℃前後と快適に過ごせますが、朝晩は5℃前後と1日の気温の変化が大変大きいので服装等、注意が必要です。夏場はハエが特に多いです。
観光名所: 「地球のおへそ」としても知られているエアーズロック(ウルル)。エアーズロックの観光としては「カタジュタ(マウントオルガ)とウルルのサンセットツアー」や「ウルルサンライズ、登山&麓巡りツアー」などが人気です。サンライズやサンセット、頂上からの眺め、麓にあるアボリジニの壁画など、エアーズロックは見所満載です。 少し時間に余裕のある方は、オーストラリアのグランドキャニオンとも言われているキングスキャニオンへの日帰りツアーに参加してみたり、ラクダやヘリコプターに乗ったりしてみるのもお勧めです。
エアーズロックのホテル
Coming soon....
エアーズロックのパッケージツアー
Coming soon....
ケアンズ・ハミルトンアイランド
世界最古の熱帯雨林と世界最大の珊瑚礁グレートバリアリーフの2つの世界遺産をもつ都市です。1年中温暖な気候で世界各地からの旅行者が集まるリゾート地。ケアンズ市内は観光ムードが溢れており、中心地は2時間もあれば一周できてしまうくらいのこじんまりした都市であり日本語でのサービスも各所で受けられ海外初心者や家族連れにも安心でオーストラリアの中でも日本人には人気の都市の1つです。
ケアンズ基本情報
ケアンズ・ハミルトンアイランド
人口: 約13万人
シドニーとの時差: 0分(夏時間採用時:-1時間)
シドニーからの飛行時間: 3時間40分
気候: オーストラリア、クイーンズランド州北部に位置します。赤道を挟んで南に位置する為、ケアンズは赤道よりの都市となる為、日本でいうと沖縄あたりの気候となります。よって1年を通して温暖で過ごしやすい都市と言われています。季節は雨季と乾季の2つに分かれ、12〜3月が雨季、4〜11月が乾季となります。 雨季は日本の梅雨のように1日中雨が降る続くことはありませんが、夏にあたる時期ですので気温、湿度共に上がります。
観光名所: グレートバリアリーフと熱帯雨林、2つの世界遺産を持つケアンズには、海へ山へのアクティビティなどが充実しております。 グレートバリアリーフへのクルーズも様々なタイプのものがあり、皆様のニーズに合わせてお選び頂けます。またキュランダ観光もグレートバリアリーフと並んで人気があります。 英語が心配という方でも日本語ガイドが催行しているオプショナルツアーが多いのもケアンズの特徴です。
ハミルトンアイランドで有名なのはホワイトヘブンビーチ。特に上空からみた、ヒル・インレットと呼ばれる白い砂が河口に堆積し青い海と筋状になっている美しい風景は必見です。
ケアンズ・ハミルトンアイランドのホテル
Coming soon....
ケアンズ・ハミルトンアイランドのパッケージツアー
Coming soon....
ゴールドコースト
40キロ以上に渡って続く黄金の砂浜ゴールドコースト。オーストラリアではもちろん、世界でも有数のリゾート地として知られています。ケアンズ、シドニーと並ぶ3大観光都市でもあります。ゴールドコーストの楽しみはなんと言っても海。美しい砂浜では日光浴を楽しんだり、サーフィン、マリンスポーツをしたり海や映画をテーマにしたテーマパーク、数々の巨大ショッピングセンターなど魅力は尽きないです。
ゴールドコースト基本情報
ゴールドコースト
人口: 約56万人
シドニーとの時差: 0分(夏時間採用時:-1時間)
シドニーからの飛行時間: 1時間30分
気候: ケアンズなどクイーンズランド州北部と同様に夏は暑く冬も温暖。南半球では冬に差し掛かる5〜6月でもビーチで泳ぐ人を見かけられます。内陸部は沿岸部よりも朝夕の寒暖の差が激しいですが町そのものは沿岸部にあるため快晴も多く雨量も適度のため年間を通して過ごしやすいです。雨季は日本の梅雨のように1日中雨が降る続くことはありませんが、夏にあたる時期ですので気温・湿度共に上がります。
観光名所: ゴールドコーストといえばやはり海。サーファーの聖地、サーファーズパラダイスなど、美しく40キロ以上に渡って続く黄金の砂浜では日光浴やマリンスポーツなど様々な楽しみ方があります。 またワーナーブラザーズが運営するムービーワールド、イルカのショーで人気のシーワールド、遊園地と動物園があるドリームワールドなどのテーマパーク。 ラミントン国立公園、スプリングスブルック国立公園などへの世界自然遺産観や幻想的な光を放ち、満天の星空を見ているような錯覚におちいる、不思議な生き物・土ボタルツアーなども外せないポイントです。
ゴールドコースのホテル
Coming soon....
ゴールドコースのパッケージツアー
Coming soon....
メルボルン
ビクトリア州の州都であるメルボルンは英国風の趣が美しく、景色のそこかしこに歴史を感じることができます。またオーストラリアではシドニーに次ぐ大都会で、全豪オープン・テニス、F1、競馬のメルボルン・カップ等の開催地として世界に名を馳せています。市の中心部はほぼ碁盤の目のように区画されており、初めてでも歩きやすい街です。そしてシティの外側を囲むようにレトロな路面電車のシティ・サークル・トラムが無料で巡回しているので市内観光には最適です。。
メルボルン基本情報
メルボルン
人口: 約380万人
シドニーとの時差: 0分
シドニーからの飛行時間: 1時間30分
気候: メルボルンの気候は一年を通し乾燥しており、夏の間(12〜3月)の平均気温は24〜26度で、雨は少なく雲のない快晴の日が多くあります。日照時間も長く、夜8時頃でもまだ明るいという日が続き、カラッとしているので過ごしやすいでしょう。冬は逆に日照時間が短く雨が降ったりすることもあります。 6〜9月の冬の最低気温は6〜8度と穏やかでそれほど厳しい寒さはありません。
観光名所: メルボルン市内には数多くの歴史的建築物があり、そのどれもが有名で中でも世界遺産に登録された王立展示館や王立植物園は必見です。 郊外に行くと、素晴らしい海岸線がどこまでも続くグレートオーシャンロードでは断崖絶壁の海岸線と波間に点々と突き出る巨大な奇跡郡「12使徒岩」はとても壮大で美しい光景です。 野生のフェアリーペンギンが生息することで有名なフィリップ島では、日没後に可愛らしいペンギンたちが巣を目指して海から上がってくる姿は、実にけなげで感動的です。 またハイキングが人気のグランピアンズなどの観光スポットがあります。
メルボルンのホテル
Coming soon....
メルボルンのパッケージツアー
Coming soon....
タスマニア
タスマニア島はオーストラリア本土から南東に約240キロ、南極まではわずか2000キロのところに位置し、その大きさは北海道の約80%と言われています。タスマニア島は自然そのものの島です。タスマニア島全面積の1/3が国立公園・タスマニア原生世界遺産自然地区に指定されておりさまざまなワイルドライフが楽しめます。さらに親切で温かい人々、豊富なアクティビティ、温暖快適な気候、卓越した食べ物やワイン、豊かな歴史とのんびりした独特のライフスタイルなど、タスマニア島にはいろいろな楽しみ方があります。
タスマニア基本情報
タスマニア
人口: 約49万人(タスマニア州全体)
シドニーとの時差: 0分
シドニーからの飛行時間: 2時間(ホバート)、1時間45分(ロンセストン)
気候: タスマニア島はオーストラリア南東部に位置していて赤道を挟んで丁度北海道と同じ緯度にあたります。タスマニア島では四季がハッキリしており四季それぞれの楽しみがあります。 春は涼しく緑がきれいで、夏は午後に暖かくなり日照時間も長いです。秋も涼しくなり、さまざまな産物の収穫が行われ、冬は空気がとてもクリアで、高い山の頂上付近では雪景色もご覧になれます。
観光名所: 緑あふれる自然、頂上には雪を頂く山地や高原というようにオーストラリア大陸本土とは全く異なった景観がここタスマニアには存在します。 深い樹林と無数の湖が点在し神秘的な景観が広がっているセントクレア湖国立公園内にあるクレイドルマウンテンや、 白い砂がワイングラスのように完璧なカーブを描き青い海と空が、まるで絵に描いたような、驚くばかりの素晴らしい眺めのワイングラスベイなどが特に有名です。 ※タスマニアは公共の乗り物があまり発達していないのでレンタカーやツアーの事前予約をお忘れなく!
タスマニアのホテル
Coming soon....
タスマニアのパッケージツアー
Coming soon....
パース
西オーストラリア州の州都。オーストラリアの西の玄関口であり、州内観光の拠点でもあります。東海岸の都市と比べると日本人にはなじみの薄いパースですが、水と緑の豊富な街として知られ市内を流れるスワン川のほとりに美しい街並みと郊外に広がる雄大な自然はここを訪れる人達を魅了し続けています。 実際、パースには「住みたい街」のトップにいつもランクされるほどの人気があります
パース基本情報
パース
人口: 約156万人
シドニーとの時差: -2時間
シドニーからの飛行時間: 4時間
気候: 西オーストラリア州中南部に位置します。パースは典型的な地中海性気候に分類され、からっとした夏と比較的温暖な冬というように、一年を通じて快適な気候です。 しかし、日中の陽射しは一年を通じ日本より強く、空気も乾燥しているので(特に夏期)日焼け止めの使用や水分補給を考慮する必要があります。また、日中と朝晩の気温差が大きいので、服装に注意する必要もあります。
観光名所: 水と緑の豊富な街。市内を流れるスワン川のほとりの美しい街並みと郊外に広がる雄大な自然でパースを訪れる人達を魅了し続けています。パース・フリーマントルの市内観光を始め、ロッキンハムでのドルフィンツアー(イルカと泳ぐ)、あるいは8〜10月限定のワイルドフラワーツアーなど様々なタイプのものがあります。 またパース郊外にあるナンバング国立公園の砂漠の中に突如現れる、ピナクルズという棒状の岩々や、野生のイルカに餌付けができる場所として有名なモンキーマイアには世界中から観光客が集まってきます。
パースのホテル
Coming soon....
パースのパッケージツアー
Coming soon....